【ワシントン共同】米太平洋空軍は27日までに、中国がフィリピンと領有権を争う南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)近くの上空を、今月19日から21日にかけて米軍のA10攻撃機4機とHH60救難ヘリ2機が警戒監視のため飛行したと発表した。今後数週間、同様の飛行を続ける。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。