ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

南シナ海問題で日米中が応酬

 【バンダルスリブガワン共同】東アジアサミットが10日、ブルネイの首都バンダルスリブガワンで開かれた。中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が領有権を争う南シナ海問題をめぐり、航行の自由の確保や国際法の順守を求める日本や米国に対し、中国の李克強首相は、当事国以外が「口出しするべきではない」と述べ、応酬となった。サミットにはASEAN加盟10カ国に加え、安倍晋三首相ら計18カ国の首脳らが参加。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。