外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は27日、首都マニラのマラカニアン宮殿(大統領府)でケリー米国務長官と会談し、南シナ海のほぼ全域で中国が主張した主権を全面的に退けた仲裁裁判所の判断を巡り「今後いかなる協議を行う場合でも、仲裁判断を踏まえて行う」と初めて明言した。アベリヤ大統領報道官が明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信