外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】シモノビッチ国連事務次長補(人権担当)は17日、現地視察を踏まえ、南スーダンが内戦状態にあるとの認識を示した。民族対立を背景に、政府軍とマシャール前副大統領派の反乱軍の双方が「大量虐殺」を行っていると非難し、紛争が「内戦の域に達している」とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信