外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】国連平和維持活動(PKO)のため日本の陸上自衛隊施設部隊が派遣される南スーダンの東部ジョングレイ州で昨年12月末から民族衝突が激化、国連の担当者は2日、ロイター通信に対し、推定で2万~5万人が避難民になっていると述べた。死傷者も出ているもようだが、詳細は確認されていない。ロウ・ヌエル民族の武装集団約6千人が昨年12月31日、同州のムルレ民族の町ピボルを襲撃、民家を焼き払った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信