外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の津波で町職員ら43人が犠牲になった宮城県南三陸町の防災対策庁舎の補修工事が終わり、報道関係者に15日、公開された。庁舎は昨年11月以降、工事用シートで覆われていたが、一部が外され、約3カ月ぶりに姿を現した。数日かけて、シート全体や足場を撤去する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信