外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ、カイロ共同】フランス南部ニースのトラック暴走テロで、ルドリアン国防相は16日、警官隊に射殺されたモハメド・ラフエジブフレル容疑者(31)が過激派組織「イスラム国」(IS)のテロ実行呼び掛けに「個人的に呼応したとみられる」と述べた。インターネットなどを通じてISの影響を受けたとの見方も示した。緊急閣僚会議後に記者会見した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信