外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東海沖から九州沖の「南海トラフ」でマグニチュード9クラスの巨大地震が発生した場合、経済的な被害は最悪で約220兆円に上るとの試算を、内閣府の作業部会が18日発表した。政府予算の2倍を超え、東日本大震災の約17兆円や阪神大震災の約10兆円を大きく上回る。建物やインフラが損壊する直接被害は関東以西の40都府県に及ぶ。被災から1週間後の避難者数は最大950万人。市民生活や経済に深刻な打撃が予想される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信