ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

南海トラフ地震対策で最終報告

 内閣府の作業部会は28日、南海トラフ巨大地震対策の最終報告をまとめた。発生1週間後の避難者は950万人に上るとして、自宅を失った人や高齢者、障害者ら弱者を優先して避難所に受け入れ、被災が比較的軽かった人に帰宅を促す「トリアージ」(選別)の導入を検討するよう求めた。復興が遅れれば「国としての存立に関わる」と強調し、事前の防災対策を要請。家庭には1週間分以上の水や食料の備蓄が必要とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。