外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の地震調査委員会は13日、周期が長くゆっくりと揺れ、震源から遠い地域に伝わってもあまり弱まらない「長周期地震動」が、南海地震が発生した場合に中部地方から九州までの各地でどの程度起こるかを予測した試作地図を公表した。予測は1946年に起きたマグニチュード(M)8の南海地震をモデルとし、各府県庁所在地を中心に、建物に生じる揺れの大きさや継続時間などについて算出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信