外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】標高6千メートル級の山が連なる南米アンデス山脈で、チリ―アルゼンチン国境に長さ約52キロのトンネルを建設し、鉄道を走らせる計画が進んでいる。山脈を東西に貫く鉄道が開通すれば、巨大市場を抱え経済成長が進むブラジルなど大陸東部と太平洋側の輸送コスト削減が可能となり、物流に革新をもたらすと期待されている。完成すれば世界3位の長さのトンネルとなる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信