外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】17日付のインド紙ヒンドゥスタン・タイムズによると、乗客乗員158人が死亡した5月の南部カルナタカ州マンガロールでのエア・インディア機の墜落事故を調査していた委員会は同日までに、機長の居眠りが原因とする報告書をまとめた。報告書によると、約3時間の飛行時間のうち、1時間40分にわたって居眠りしていたことがボイスレコーダーに録音されたいびきなどから判明。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信