外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】飲酒運転による交通事故が多発しているインドで、最高裁判所が主要幹線道路周辺での酒類販売を禁止する命令を出し、4月から施行された。しかし、売り上げが激減する飲食店が続出、酒税確保のために幹線道路の指定を外す“苦肉の策”をとる州も。飲酒運転減少につながるかは未知数だ。

共同通信