外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 幻覚や興奮作用がある危険ドラッグの対策強化を国に求め、47都道府県のうち少なくとも21府県議会が2014年に意見書を国会に提出したことが28日、衆参両院事務局への取材で分かった。地方議会で懸念が強いことを浮き彫りにした形だ。危険ドラッグの規制をめぐっては地方自治体が先行しており、国は地域社会の安全確保のため、さらなる対策が求められそうだ。

共同通信