外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は12日午前の閣議で、酒や薬物、発作を伴う病気の影響で交通死亡事故を起こした場合、15年以下の懲役とする罰則の新設を柱とした新法案を決定した。刑法から自動車事故関連の規定を削除して新法案に移し、現行の危険運転致死傷罪(最高刑・懲役20年)よりも適用要件を緩和する条文を設けた。今国会で早期成立を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信