外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県加西市で昨年12月、皆既月食を見た帰りだった小学生の兄弟を飲酒運転の車ではねて死亡させたとして、危険運転致死罪などに問われた建築業小池巧被告(54)の裁判員裁判で神戸地裁は12日、懲役14年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。判決理由で奥田哲也裁判長は「飲酒の影響で正常な運転が困難な状態だった」と指摘。「幼い2人の子どもを一度に失った遺族の悲しみは察するに余りある」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信