外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤ディオバン(一般名・バルサルタン)を使った臨床研究に人為的な操作があったと京都府立医大が発表したことを受け、田村厚生労働相は12日、私的諮問機関として臨床研究の不正防止策を検討する委員会を近く設置することを決めた。厚労相は「データの捏造・改ざんが強く示唆されるような内容だ」とする談話を発表。臨床研究の信頼性が揺らぎかねないとして、再発防止に乗り出す姿勢を示した。

共同通信