外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ポリオ(小児まひ)の予防接種で、神奈川県が未承認の不活化ワクチンを希望者に提供する方針を決めたことについて、小宮山洋子厚生労働相は18日の閣議後の記者会見で「予防接種行政上、望ましいことだとは思わない」と批判した。小宮山厚労相は、承認前のワクチンは副作用による健康被害が生じた場合の救済制度の対象にならない点を指摘した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信