ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

厚労省、生活保護費見直し検討

 厚労省は5日、生活保護費の支給水準が妥当かどうか議論する社会保障審議会生活保護基準部会を5カ月ぶりに再開し、見直しを視野に年内の決定に向けて本格的な検討を始めた。政府は2013年度予算の概算要求基準で削減方針を打ち出したが、生活困窮者の支援団体などから引き下げに反対する意見も強く、最終決定までには曲折が予想される。政府は同部会の報告を受けて年末に最終判断する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。