外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 若者を中心に乱用が広がっている脱法(違法)ドラッグの規制強化のため、厚生労働省は27日までに、成分構造が類似していれば薬事法違反として一括で規制対象とする「包括指定」の導入を検討する方針を固めた。現在はドラッグを一つ一つ調べ、規制しているが、成分構造を一部だけ変えた新種が横行。包括指定すれば、こうした「いたちごっこ」が断ち切れると判断。麻薬取締官が、捜査、摘発できるよう薬事法の改正も検討する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信