外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 豚の生レバー(肝臓)を食べるとE型肝炎ウイルスに感染して重症化し、死亡する恐れもあるとして厚生労働省は17日、豚レバーにウイルスがどれぐらい存在するか実態調査に乗り出す方針を決めた。早ければ夏にも着手し、危険性を客観的に評価するためのデータを収集、法規制も視野に入れ対応を検討する。厚労省は昨年7月、牛レバーから病原性大腸菌O157が見つかったことで、食品衛生法に基づき牛レバ刺しの提供を禁止した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信