外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省は3日、医療費の支払いが高額になった場合に負担を軽減する「高額療養費制度」で、年収790万円以上の70歳未満の高所得者について負担上限額を引き上げる方針を固めた。年収210万円未満の低所得者は据え置く。両者の間の中所得者は区分を所得に応じて細分化し、負担増を求めるケースも出る。見直しは14年度後半にも実施する。見直しは、8月に閣議決定した社会保障制度に関するプログラム法案骨子に明記された。

共同通信