外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高齢化の進展で介護予防の重要性が増しているのを受け、厚生労働省は16日、国による“運動のすすめ”とも言うべき「運動指針」を改定する方針を決めた。新たに70代以上も対象とし、庭の草むしりや農作業など日常生活の中で積極的に体を動かすことを呼び掛け、健康維持につなげる。介護を受けずに自立して生活できる期間を示す「健康寿命」を延ばすため、厚労省は市町村の介護予防事業などで役立ててもらいたい考え。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信