外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省は24日までに、民間サラリーマンが加入する厚生年金の財政を強化するため、現在月給60万5千円で頭打ちとなっている保険料の上限を引き上げ、高所得者に負担増を求める案を、社会保障審議会部会に提示する検討に入った。健康保険と同じく、さらに保険料を段階的に引き上げ月給117万5千円で頭打ちとする案を中心に検討する。高所得者や保険料を半額負担する企業からは反発が予想される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信