ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

厚生年金基金、一部存続へ

 厚生労働省は19日、財政難が続く厚生年金基金制度の見直しに向け、関連法案の概要を固めた。大半の基金に解散を促して制度の“実質廃止”を目指しつつ、財政が健全な一部の基金については厳しい基準を設けた上で存続を容認する。厚労省は民主党政権下で制度の全廃方針を打ち出していたが、自民党などの反対に配慮して見直した。自民、公明両党との最終調整を急ぎ、4月中の国会提出を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。