ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

厚生年金本体で基金の債務穴埋め

 厚生労働省は2日、財政が悪化している厚生年金基金制度の廃止に向け、積み立て不足に陥った基金の債務を軽減し、解散を促す改革試案を発表した。軽減した分は、会社員が加入する国の厚生年金本体の保険料で穴埋めする方針。税は投入しない。10年間で制度を段階的に縮小・廃止する。社会保障審議会年金部会の専門委員会に示した。年内にも正式案をまとめ、来年の通常国会への関連法案提出を目指す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。