外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省の社会保障審議会年金部会は1日、年金制度改革に関する報告書の骨子案をまとめ、会社員の厚生年金と公務員らの共済年金を統合する被用者年金一元化や、低所得者への加算などを盛り込んだ。骨子案では、来年の通常国会への関連法案提出を視野に入れた「優先的に検討すべき事項」として、これらのほかに非正規労働者の厚生年金への加入拡大や、本来より高い年金の特例水準の解消、受給資格期間の短縮などを挙げた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信