外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 12年度予算案が24日、閣議決定されたのを受け、経産省原子力安全・保安院などを改組し環境省の外局に新設される「原子力安全庁」(仮称)の概要が固まった。504億円を計上し危機管理機能を強化。住民の健康管理担当を置き、485人体制で来年4月発足を目指す。長官をトップに、次長、原発事故などの緊急時に現場対応を監督、助言する「緊急事態対策監」、地域住民の安全確保を担う「原子力地域安全総括官」などを置く。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信