ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原子力機構で情報漏えいか

 日本原子力研究開発機構は5日、茨城県東海村の本部法務室のパソコン3台がコンピューターウイルスに感染していたことが判明したと発表した。機構内部からの不正告発の情報などが漏えいした可能性があるが、機構が保有する核物質の種類や保管状況など、安全上重要な情報は含まれていないという。11月14~19日、パソコンで受信したメールにウイルス付きの添付ファイルがあり、職員が開いて感染した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。