外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 下村博文文部科学相は17日の記者会見で、日本原子力研究開発機構(原子力機構)の鈴木篤之理事長から辞意を伝えられ、認めたことを明らかにした。高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の点検漏れの責任を取ったとみられる。下村氏は「理事長が自ら熟慮して下した判断を重く受け止めた。後任人事は早急に対応する」と述べた。また信頼回復に向け、原子力機構の抜本的な体制強化を図る考えも明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信