外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は3日、定例会合を開き、国内で唯一運転中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県)が8日施行の原発の新たな規制基準に適合しているかについて、「新基準に照らして現状を評価した結果、直ちに安全上重大な問題は生じるものではないと判断する」との報告書を了承し、運転継続を認めた。3、4号機は次回の定期検査に入る9月までの運転が可能となる。規制委は3月、新基準の施行に向けた基本方針を公表。

共同通信