外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は2日の閣議で、国会閉会中に首相権限で例外的に任命した原子力規制委員会の田中俊一委員長らの人事について、臨時国会でも同意を見送るため、規制委設置法の例外規定を適用することを決定した。政府は東京電力福島第1原発事故で「原子力緊急事態宣言」が出ていることを衆参両院に通知。宣言解除まで同意が先送りできる。藤村修官房長官は国会同意を見送った理由を「国会で不承認となるリスクを回避した」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信