外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は10日の臨時会議で、東京電力の川村隆会長や小早川智明社長ら新経営陣から、再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)での安全対策の取り組みや、福島第1原発事故の今後の対応について説明を聴いた。規制委の田中俊一委員長は、第1原発の廃炉に関して「東電には主体性が見えず危機感がある」と指摘。また「事故を起こした東電は普通の事業者ではない」とも述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信