外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は14日、規制組織の在り方などについて国際的な立場から助言を受けるため、米原子力規制委員会のリチャード・メザーブ元委員長ら米英仏の規制当局関係者3人と意見交換した。3人は、そろって規制組織の独立性と透明性確保が重要と訴えた。メザーブ氏は「意思決定の過程をオープンにすることで、国民に受け入れられる」と強調。批判する人たちの意見を聞くことも必要だとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信