外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島で被爆し、自らの体験をつづった小説「夏の花」で知られる作家原民喜が書いた「鎮魂歌」などの直筆原稿4作品が、講談社(東京)で見つかり、民喜のおいの原時彦さん(81)=広島市西区=に手渡されていたことが13日、分かった。時彦さんが取材に応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信