外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】メキシコ湾の原油流出事故現場付近の深海で、原油を分解する新種の細菌を米ローレンスバークリー国立研究所のチームが発見し、24日付の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。チームは、原油の成分が高濃度に含まれた水深1100mの深海にプロテオバクテリアと呼ばれる細菌の仲間が生息しているのを確認。この細菌は5度と水温が低い海域でも、効率よく原油を分解するのが特徴という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信