外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年夏季五輪招致を目指す広島市が今月中にまとめる開催基本計画の原案で、平和の理念を掲げる大会として8月6日の「原爆の日」の翌日に開幕する方向で大会会期を調整していることが20日、関係者の話で分かった。五輪の会期は通常、開会式を含めて17日間の日程。6日は世界各国の要人が出席する平和記念式典などに配慮し、翌7日の開幕案が有力。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信