ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原爆コラムに遺憾の寄稿

 【ソウル共同】広島、長崎への原爆投下は「神の懲罰」と主張したコラムを載せた韓国紙、中央日報は29日付で、コラムに対し遺憾の意を伝える在韓国日本大使館公報文化院の道上尚史院長の寄稿文を掲載した。同紙は「コラムに関し日本国内で提起された批判を真摯に重く受け止め、寄稿文を掲載する」とのコメントを付けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。