外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 13歳の時に広島で被爆し、戦後米国に渡って治療を受けた「原爆乙女」の一人、笹森恵子さん(83)が26日までに、訪問先の米東部ニュージャージー州ハズブルックハイツで取材に応じ、オバマ米大統領が5月に広島を訪問する見通しとなったことを歓迎し「大統領には被爆がどんなに大変だったのか広島で感じてほしい。謝ってほしいとは思わない」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信