外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は31日、原発の過酷事故対策を義務付ける新たな安全基準骨子をまとめた。これまで過酷事故対策は電力会社の自主的対応に任されていたが、東京電力福島第1原発事故を教訓に、大規模な自然災害やテロにも対応できるよう、さまざまな安全設備の設置を求める。29日にまとまった地震・津波対策と合わせ、新安全基準骨子が出そろい、原発に求められる安全対策の全体像が示された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信