外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環境省が5日発表した2011年度の国内の温室効果ガス排出量(速報値)は二酸化炭素(CO2)換算で10年度に比べ3・9%増の13億700万トンだった。京都議定書で削減が義務付けられた08年度以降で最も多かった。東京電力福島第1原発事故で、原発が一部を除いて止まり、火力発電が増えたことが主な理由。京都議定書の目標の達成については、長浜博行環境相は、これまでの実績から可能との見方を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信