ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原発事故で自殺酪農家遺族提訴へ

 東電福島原発事故の後、将来を悲観して自殺した福島県相馬市の酪農業菅野重清さん=当時(54)=の妻バネッサ・アボルドさんらが20日、東京都内で記者会見し、東電に約1億1千万円の損害賠償を求める訴訟を3月中旬にも起こすと明らかにした。菅野さんは事故後、放射性物質の影響で原乳の出荷を停止し、乳牛を手放した。バネッサさんが一時帰国中の11年6月に牧場内の小屋で自殺。壁に「原発さえなければ」と書き残した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。