外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力防災を担当する内閣府が2018年度予算の概算要求で、原発事故時の住民避難の円滑化に向けたモデル事業の費用として15億円を盛り込む方針を固めたことが24日、分かった。全国の原発立地地域から数カ所を「モデル地域」として選定し、効果が確認された対策はほかの原発周辺地域でも実施する。原発再稼働への住民の不安解消につなげる狙いだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

共同通信