外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府と国際原子力機関(IAEA)が開く「原子力安全に関する福島閣僚会議」の合意文書案の内容が12日、判明した。新興国での原発事故のリスクを減らすため、各国が技術や人材の支援を強化するほか、東京電力福島第1原発事故を教訓に、政府や事業者は原発の透明性を向上させる必要があるとの内容。会議は15~17日に福島県郡山市で開催、約120の国・機関が参加予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信