外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 環境省は26日、東京電力福島第1原発事故後に警戒区域だった地域で初めて実施した野生動物の生息調査で、市街地に以前はほとんどいなかったニホンザルが生息し、イノシシもほぼ全域で確認されたと発表した。住民の避難と捕獲数の減少で、出現エリアが拡大した可能性がある。環境省は「住民の帰還に向け、農地の除草などで野生動物が生息しにくい環境をつくり、効果的に捕獲する態勢を検討する」としている。

共同通信