外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力の西沢俊夫社長は21日、都内で記者会見し、福島第1原発事故の賠償金の本払いで被害者からの請求件数が1万件を超え、248億円分の支払いで被害者と合意したと発表した。原子力損害賠償法(原賠法)に基づく政府補償分1200億円の支払いを月内にも政府に申請する。被害者との合意により、仮払金を含めた現時点の支払総額は1500億円を上回った。資金繰りを懸念し、原賠法が定めた政府補償の上限まで申請する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信