外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国の原子力委員会の「原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会」は25日、原発事故で上昇する発電コストは1キロワット時当たり、0・1~1円とすることで合意した。原子力委事務局は東京電力福島第1原発のような過酷事故が500年に1回起きる場合は1キロワット時当たり1・2円、10万年に1回の場合は0・0046円との試算結果を示し、その中間の費用を採用した。試算結果は参考値とする。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信