ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原発事故、浪江町が3区域に再編

 福島第1原発事故による福島県浪江町の警戒区域と計画的避難区域が1日、「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の三つに再編された。昨年4月から順次進んでいる区域の再編は、9自治体目。警戒区域が残るのは双葉町全域のみ。計画的避難区域も川俣町の一部だけになる。原発から北西方向に放射性物質が拡散したため、町の北西側の山間部を中心に、面積の80%が長期にわたり戻れない帰還困難区域となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。