ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原発安全性向上に最大2兆円超

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は4日、東京電力福島第1原発事故を受けて域内で稼働中の全原子炉で実施したストレステスト(耐性評価)の最終報告を公表した。福島事故のような極限状態に対応するには「域内のほぼ全ての原発で安全面での改善が必要」と結論付け、安全性向上には最大で250億ユーロ(約2兆5千億円)が必要と見積もる内容。深刻な欠陥で閉鎖が必要となる原発は見つからなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。