ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

原発廃炉、上限40年超は3基

 原発の廃炉に備えて電力会社が積み立てなければならない費用が、運転期間の上限の40年を超えた3基でも不足していることが7日、分かった。40年超で最も不足額が大きいのは、関西電力美浜原発1号機の94億円。原発の稼働率が想定を下回ったためで、見通しの甘さが露呈した形だ。経産省資源エネルギー庁が7日の自民党部会に提出した資料で判明した。ほか2基は、美浜2号機と日本原子力発電敦賀1号機。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。